花澤家族農園 @ 菓子工房 花菓舎.com
農園と工房の日々徒然を紹介します。

剪定はじめました♪

2月も半ばになり、島かんきつの剪定を始めました♪
混み合った枝を切って、風通しを良くし、また太陽光が樹の中までしっかり当たるように整理していきます。

画像 113

また、枝を切ることで春に新しい芽が出て若い枝となり、その枝がまた新たにたくさんの葉をつけて糖分を貯め、将来に花を咲かせて果実となっていきます。毎年剪定して樹形を整えて、収穫し易くすることも必要になります。

画像 110

大きめな枝を落とした断面は、樹にとっては傷口になるので、殺菌&乾かすことが必要になります。
一般の農家では殺菌剤が含まれた薬剤を塗布しますが・・・
当農園では、↓

画像 111

刷毛をつかって、「墨汁」そうなんです、書道で使う墨を塗ります♪
殺菌作用があり、また断面を乾かす効果もあるので、薬剤を使わずに済みます。

画像 109

こうして剪定作業を進めていきます。丁寧に剪定していくと大変時間と手間が掛かりますが、少しでも時間を短縮しつつも丁寧な作業が必要となります♪
スポンサーサイト

農地の防人♪

以前にイノシシの被害について少し書きましたが・・・
直接みかんを食べられてしまう被害だけでなく、より深刻なのが・・・
↓の写真です(-_-;)

画像 100

鼻で地面を掘り返して、地中の虫などを探して食べているのですが・・・
みかんの樹の根元を掘るため、根っこが露出してしまっています。
美味しいみかんを作るためには、出来るだけ地表に近いところに樹が細かい根をたくさん伸ばせる環境を作ることが大事です。特に有機・自然農法の化学肥料・農薬を使わないみかん作りでは、除草剤を使わずに土中を微生物や小動物が住みやすい環境にすることを心がけているのですが・・・
このように被害が大きくなるケースもあります。

画像 098

何年も掛けて作ってきた美味しいみかん作りの基礎が一夜にして崩れてしまいます(涙)
農地を守る防人としても最前線で踏ん張らねば!と気持ち新たに頑張ります♪