花澤家族農園 @ 菓子工房 花菓舎.com
農園と工房の日々徒然を紹介します。

ほ、ほ、ほたる来い!

昨日、家の近くの田んぼに「ほたる」を見に行きました♪
最初のうちは少し時間が早かったのか、なかなか見つけることが出来なかったのですが・・・

illust464_thumb.gif

もう一度戻っきてみると・・・田んぼの奥のほうにちらちらと明滅する光を発見!
早速、車のハザードランプを点滅させてみると・・・
車に近寄ってきたので、子供たちと車を降りてみると、なんと次男坊の背中に止まりました♪
背中に止まった「ほたる」を長男が手に取ると、ちかちかと光りながらそのまま腕に登りはじめ、すっかり仲良く?!なりました。
たくさんはいませんが、毎年必ず楽しませてくれます。
その後飛び立った「ほたる」さんに子供たちとさよならをして、来年の再会(というかその子供たちに会うのでしょうね)を誓ったのでした。
スポンサーサイト

はっけよ~い、のこった!

先日、大山祇神社において御田植祭の奉納一人角力が行われ、それに併せて子供相撲が行われました。
我が長男も小学校1年生男子の部に登場!取り組み前の余裕の表情です・・・

sumo1.jpg

ようやく出番が回ってきて、はっけよ~い、のこった!

sumo2.jpg

一瞬押し込みましたが、すぐに形勢逆転。父親との毎夜の布団上での特訓むなしく、土俵の外へ押し出されました。ああ、無常。
ちなみにその相手の男の子(お隣の小学校です)が優勝したので、少しばかり溜飲を下げました。ああ、なんという親ばかぶり(^^ゞ
ちなみに優勝、準優勝、3位まで景品が出るので、来年の優勝目指してまた親子二人三脚が始まります。
言い訳ですが、一番やる気になっているのは長男本人です♪

自然食ショップ「ベルカント」さん♪

先日、所用があって東京に行ってきました。
その際に、友人のHさんよりご紹介いただいた有機農産物や自然食を扱っておられる「ベルカント」さんというお店に行ってきました。
西武新宿線の上石神井駅から歩いて10分ほど、閑静な住宅街と商店が並ぶ一角にお店がありました♪
途中には畑もあり、見事な黒土(これぞ関東ローム層か?!)で、思わず職業柄、土の匂いを嗅いでしまいました・・・。
存在感のある外観ととっても感じの良い内装のお店で、オーナーこだわりの品々が所狭しと並んでいました!

画像 028

店のオーナーのEさんは、私と同じ脱サラをされてお店を始められた方で、思わずその苦労話に大きく頷きながらお店の営業時間中にも関わらず、会話に花を咲かせました(ごめんなさい・・・その間にお客様が来られてました)。
とってもダンディーで、それでいて人情味溢れたそのお人柄にすっかり惚れました♪

belcanto1.jpg

ちなみに、先週より農園選りすぐりの加工品である、「蜜柑ジュース」「島れもんコンフィチュール」「八朔コンフィチュール」「島れもんクッキー」をお店にて販売して頂いています。
お時間のある方は、オーナーこだわりのお店「ベルカント」さんに是非是非足を運んでみてくださいね♪

新じゃが

今年は遅れ気味でしたが・・・
ようやく掘り出し♪ました。

画像 1051

新ジャガイモの品種は男爵です。
本当に掘りたてなので、早速蒸して皮をむかずにいただきました!
絶品♪でございます。
ちなみに、収穫の時に掘らずに済む方法で栽培しています。
今年で2年目ですが、少しずつコツを覚えて良くなってきました。
軽く手で手繰り寄せるだけで、綺麗に写真のように収穫出来ます。
手間が掛からず、また芋を傷つけたりせずに済みます。
詳細はまたご紹介しますね。

かんきつの花♪

かんきつの花にも色々ありまして・・・

画像0121

ちなみに「いよかん」です。
今年は冬から晩春にかけて気温が低かったこともあって、かんきつの花が咲くのが大分遅かったです。
我が農園では、まずトップバッターがこの「いよかん」の花です。
実はかんきつの種類によって咲く時期が違います。
唄で有名な「温州みかん」の花は実は最後の方に咲きます。
今年は遅かったとはいえ、さすがにもう咲き終わり・・・花の命は短いですね。
島中がかんきつの花と香りに彩られ、季節柄とってもよい時期です♪

かぼちゃのこども

今年も(と書くのが心苦しい・・・)やっぱり他の農作業に追われて、野菜の苗作りが遅れてしまいました(涙)
ようやくかぼちゃときゅうりの種まきをして苗を立てました。

画像 0420

苗は順調に育っており、植え付け前の畑の準備に追われています(うう、今頃??)。
5月は雨が多かったのに、このところすっかり畑も乾いてしまい、なかなか思うように準備が進みませんが・・・
ケセラセラで何とか乗り切っていきたいと思います♪
しかし、神様は見事に生命を作ったのだな♪ときれいに左右対称な葉っぱをみて感心しました。びっしり生えた葉や茎の毛も害虫を出来るだけ寄せ付けない進化の知恵だと思うと、種を植えると精密に再現されることの「すごさ」に畏敬の念を覚えました。
かぼちゃさん、今年もたくさん生らせてね。

さよなら・・・そらまめ

今日はそらまめ最後の収穫&片付けをしました。
今年は、愛媛県が作った「あいのそら(うーん良いネーミング♪)」という品種を初めて試しました。
お陰様で出来栄えはまあまあだったのですが・・・

画像0101

カラスの襲撃を受けて半分近くダメにしてしまいました(涙・・・)。
来年こそは対策ばっちりで臨みたいと思います!
もぎたてのそらまめの味は格別!です。
我家の子供達も食べ始めると止まらなくなります。
良いおやつになっていますよ♪
お客様にも大変好評でした。
さよなら・・・そらまめさん。来年はもっと良いもの作るぞ(気合)!

蜘蛛の赤ちゃん

デコポンの畑で作業中に何やら小さい大量の物体がうごめく姿を発見!と思いきや・・・。なんと蜘蛛の赤ちゃんでした!

画像 0151

苦手な方には、ごめんなさい!の一言ですが、これぞ生命の神秘♪デコポンの枝葉の下に守られるように、そして集まって大きな塊となって敵から身を守っている様子が良く分かりました。当たり前なのでしょうが、小さくても立派な蜘蛛で、ふーっと息を吹きかけるとまさしく「蜘蛛の子を散らす」のことわざ通り、糸を張って散りまた集まってきました。彼らが大きくなると、畑の虫取りで大活躍してくれます。蜘蛛の巣が多い畑は、農薬を散布していない証拠でもあります。また、蜘蛛の赤ちゃんのゆりかごになっていることにとっても感動!したひと時でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。